富裕層投資ビジネス?世界の美術品市場に投資マネーが流入

世界の美術品市場に投資マネーが流れ込んでいる。2018年の市場規模は推計で前年比6%増の674億ドル(約7兆5000億円)になり、過去10年間では14年(682億ドル)に次ぐ大きさになった。美術品の売買は景気や金融市場の動向に左右されやすい。世界的なカネ余りで、高額な美術品が投資の受け皿になっている。

記事元(日本経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 欧米豪の富裕層マーケットが日本のスノーリゾートを救う

  2. 日本版DMOの登録法人

  3. 政府も期待する海外富裕層の夜遊びとは

  4. DMOと観光協会の違い

  5. 富裕層が注目するダボス会議で「ジャパンナイト2019」を開催

  6. 訪日観光客増へ英国旅行社が倉敷・美観地区を視察