欧米豪の富裕層マーケットが日本のスノーリゾートを救う

近年、豪米豪の富裕層スキー客が急増している今だからこそ、各地のスノーリゾートは中長期的な戦略が必要となっており、将来的には富裕層スキー客離れが加速する点をも想定しなければいけない。
札幌国際大学総合研究所でスポーツツーリズムの研究を行っている遠藤正教授は、これからのスノーリゾートはより個性的かつ、多様化の必要性を力説している。

記事元(観光経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 瀬戸内エリア、世界の富裕層から愛される理由

  2. 日本版DMOの収益事業

  3. 訪日富裕層に向けた1時間75万円のサービスとは

  4. せとうちDMO欧米富裕層誘致へPR

  5. 第1回 DMO/自治体/官公庁/観光局向け富裕層インバウンドセミナー「訪日富裕層旅客新規獲得戦略の要諦とは?」

  6. 北海道宝島旅行社が「第2回日本サービス大賞」で優秀賞を獲得