富裕層が注目するダボス会議で「ジャパンナイト2019」を開催

世界の富裕層が注目をするダボス会議(議世界経済フォーラム年次総会)にてジャパンナイトを開催。イベントには、日本の大手企業や大学など29団体が協賛、各国から約600人が参加した。
ジャパンナイトでの県産品提供は平成28年、昨年に続き3回目となり、風評被害の払拭や販路拡大に向け弾みとなった。

記事元(THE SANKEI NEWS)はこちらから

関連記事

  1. せとうちDMO欧米富裕層誘致へPR

  2. 京都市観光協会、DMO経営戦略にデジタル活用の推進を盛り込む

  3. 政府も期待する海外富裕層の夜遊びとは

  4. 日本版DMOの収益事業

  5. 欧米豪富裕層のプライベートバンク活用術

  6. 訪日観光客増へ英国旅行社が倉敷・美観地区を視察